語らいのスパ「渋谷マドレ」 中年と美熟女のディープな語らいは、癒しの新世界を予見させます。

渋谷の喧騒の中、孤独な中年ダダモーレは
一路、道玄坂に向かいます。

 

まだまだ蒸し暑い残暑により、
枯れそうな心を癒してもらおう。

 

そんな時は…綺麗な熟女が最適です。

 

語らいのスパ「渋谷マドレ」

 

語らいのスパとは…
何をどう語らうのでしょうか…

 

中年の悩み相談を聞いてくれるのか…
恥ずかしい性癖を根掘り葉掘り聞かれてしまうのか…

 

それとも…大人同志の二人ですから、
身体で語り合うという事でしょうか。

 

そんなモーソーをしているうちに、
思わず道中でBKしてしまいました。
期待してしまいますな。。。
1Roomタイプのお部屋で中年を迎えてくれたマドレ様。
HPの年齢的に最悪の事態も覚悟しておりましたが、
結構な美人さんです。

 

恐らく、20代の頃は渋谷・六本木辺りで
ブイブイ言わせていたであろうマドレ。

 

それが年齢を重ね、妖艶なオーラを纏い
中年の前に姿を見せてくれました。
お勧めの癒しオプションを追加して、
90分の語らいタイムの始まりです。

 

「先にシャワーにご案内しますね♡」

 

服を脱いでタオルを巻いてくださいね~っと
言われるパターンですが、マドレは違います。

 

語らいつつ、中年の着替えをサポートしてくれます。

 

1枚…また1枚…徐々に露わになる
中年バデー…

 

「失礼しまーす♡」

 

Oh…嬉し恥ずかし半BK…
流石はマドレ、細かい部分まで気が利きます。
シャワーを浴び、T紙P一丁の中年を優しく
解していくマドレ。

 

指圧でグイグイマッサしながらも、
癒しのオプションを繰り出すマドレ。

 

近い…

 

マドレが近い…

 

マドレの暖かな温もりと耳元の囁きに、
とてつもなく癒されます。

 

なんとも親密でリラックスできる雰囲気は
流石に熟女のなせる技です。
そしてメインのオイルマッサも妖艶です。
迷いなくセンシティブエリアに侵入してくる
辺りは経験値が発揮されています。

 

コマネーチラインもなんの躊躇いもなく、
スーリスーリ。

 

マドレにとっては、コマネーチをスリスーリする事くらいは、
コンビニでお茶を買ってくるぐらいの自然な行為。

 

流石は数々の変態を虜にしてきた…であろう、マドレ様…

 

素敵です。
そしてアオムケでは益々、その魅力が発揮されていきます。

 

頭上に位置取り、デコルテ&OPI布団で
包み込まれる中年。

 

柔らかなOPIには母性も感じられ、
何とも言えない癒しの施術となります。

 

ぷるんぷるんのマドレOPI…

 

この神秘的な瞬間に、少し語らってみたくなりました。
「マドレのB地区をチュパチュパしてみたいでちゅー」
「うふふ…うれしいわぁ…でもダメよ♡」

 

「じゃあ、もしチュパチュパしたらどんな
気持ちになるかに関して、語らっても良いでちゅか?」
「うふふ…それはいいわよ♡」

 

癒しのマドレだ。
この魅力が世の中のダダモーレFANの方に
どれだけ伝わっているかを想像すると震えます。

 

でもエエのです。
構いません。中年は今とても癒されています。
下半身に移動して、入念なセンシティブマッサが
始まりそうです。

 

これまでのマドレ効果でT紙Pに
恥ずかしいシミが付いていても、マドレは受け入れてくれます。

 

たとえ多少のポロリがあったとしても、
マドレは笑って受け止めてくれます。

 

大人の包容力が魅力なんです。
たっぷりのオイルでセンシティブエリアを
仕上げていくマドレリンパ。

 

相当にディープなエリアも
怒涛の手技で中年を盛り上げてくれます。

 

盛り上がります。

 

盛り上がります。

 

センシティブエリアはどんどん盛り上がります。

 

Oh…マドレDE、FBK
この最高潮の時間に、少し語らってみたくなりました。
「そろそろイチモーツーもマドレを欲しがっているみたいでチュー」
「うふふ…お元気ねぇ…でもダメよー♡」

 

「もぅ、どうしてもガーマンが出来そうにないでちゅー」
「あらあら…イケナイ子ね…でもダメなのよ♡」

 

「じゃあ、イチモーツーが昇天した場合の感動について、
語らうのは良いでちゅか?」
「うふふ…それは大歓迎よ♡」

 

Oh…

 

イヤラシイ語らいのスパ…

 

これはハマリそうだ。。。
おー
(´・ω・`)

 

(´・ω:;.:…

 

(´:;….::;.:. :::;.. …..

 

お姉玉との語らいは時間を忘れます。
次回はもっとゆっくりと変態の話を聞いてもらおうか…
語らいのスパ「渋谷マドレ」はこちら