神田「神田パルレ」紙Pガードで泣く泣くオイナーリ

店舗型の撫子店がひしめき合う神田駅前に、

またもや新店舗が出来たという連絡が

ダダモーレ事務局に入って来ました。

 

イチモーツーを磨き上げて向かいます。

神田「神田パルレ」

南口のスクランブル交差点を

渡ると看板がありんす。

 

魅惑の扉を開けると可愛らしい女の子が

受付してくれます。

 

オッチャンの登場が無い事は嬉しい限りです。

 

90分14k

半個室で嬢を待ちます。

 

「こんにちは~」

 

なかなか普通の嬢が登場です。

くすんだブルーのミニワンピが斬新ですな。

 

何故この色を選んだのか聞いてみたくなりました。

タオル一丁になりシャワーに向かいます。

シャワーの道中に受付を通るので、

中年のバデーが受付嬢に惜し気もなく披露されます。

 

ちょっとした辱めを与える演出なんでしょう。。

 

帰りは思い切って、全ラーで歩いてみようか。

セルフシャワー後、まさかのブリーフ紙Pを装着。

ブリーフとは、、、

 

何やら仕掛けが待っているんでしょうか。

 

またも受付嬢の横を通過。

小心者は勿論タオルを巻いて通ります。

 

相変わらずのモーソー中年。

うつぶせスタンバイ。

 

くすんだブルーのミニワンピの嬢が、

跨がって指圧してくれます。

 

ナカナカの腕前です。

かなりゴリゴリの中年の背中がみるみる解れてきます。

 

やりますな。

マッサージ経験は豊富な様です。

 

続きまして、オイルマッサ。

 

指圧で大分解れているので、

オイルマッサがココチヨイ。

 

ERマッサは見当たりませんが、

気持ち良いのは間違いありません。

 

しかし、ここはメンズエステの激戦区の神田駅前です。

 

そろそろメンズマッサも欲しいところ。

「お嬢さん、コマネーチもヨロピク」

「はい??」

 

コマネーチの意味をダダモーレが

教えてあげなければなりませんか。

 

まだ新人ちゃんだから難しいのか、、、

「脚曲げてくださいね~」

オッ。

カエルちゃんは習っていたんだね。

 

コマネーチエリアに腕をズブズブと

入れてきます。

 

ディープにディープにコマネーチ。

懸命にセンシティブエリアをマッサする嬢。

 

 

Ah…ブリーフ紙Pガードが…

肝心のオイナーリをしっかり包み込む

ブリーフ紙P。

 

なんてこった。。。

 

折角のカエルリンパが威力を発揮できません。

「紙P脱いでもいいかい?」

「だめですよ~」

健全な乙女にヒYな事を期待してはいけません。

アオムケ

 

表面もしっかりと揉みほぐし。

 

グイグイ…

 

モミモミ…

 

グイグイ…

 

モミモミ…

 

「マッサージ上手だねー」

「ありがとうございますぅ」

 

「パンツ見えてるよー」

「いやん…恥ずかしぃですー」

 

 

20141215100740125_0004

 

さて、「夢の扉」へ行きましょうか。

 

神田パルレはこちら