練馬『蘭(RAN)』K点越え


どうも、ダダモーレでございます。

最近、腰や足が痛いのでリハビリがてらプールに行ってます。

ふと思ったのですが、クロールの時に息継ぎしてる顔ってブサいくだなと。

必死な時って素の自分を晒け出すということですね。

さて、本日は久しぶりの練馬でございます。

練馬のお店は以前、なかなか良いサービスだったと記憶しているので期待ですな。

練馬「蘭」

駅からは徒歩一分程度で雑居ビルの2階にあります。

薄暗い階段をのぼり、横にスライドする引き戸を開けると、これまた薄暗い店内。

一瞬、開店前かと思ってしまうが奥から声がして女性が登場。

スレンダーで体にフィットした衣装。

うーむ、店内が暗すぎるのが残念。。

週エス見せて60分10Kが8Kに。

受付を済ませると、仕切のある施術室に通される。

穴あきベッドが中央にあるごく普通の部屋。

シャワーのため、着替えをするが室内がこれまたかなり暗い。。

本日はさきほどの女性が担当。

生まれたての姿にタオルを掛けてもらい、俯せから施術開始。

力は弱めだが丁寧で気持ちいい。

特に顔の前からの指圧はいい。

首、肩の指圧が終わると馬乗りになっての上半身の指圧。

嬢のK2の感触をしばし楽しむ。

下半身を軽く押してもらうと今度はオイルへと移行。

薄めに塗りやさしく撫でるように手を滑らせる。

下半身ではオイナーリさんのご近所をじらしながらじわじわと指先が近づいてきます。

この辺のさじ加減はなかなかのものです。

オイルが終わると蒸しタオルの上から保温マットを掛けてじっくりとした指圧。

これが体がふやけてなかなか気持ちいい。

そして本日のメインディッシュ、仰向けにチェンジ。

おもむろに嬢は拙者のJr.付近を指圧し始める。

コマネチ付近を目指してジャンプ台をスタートし、ハの字にした嬢の両手はダダモーレのK点を越えくる。。

ここであの名台詞が思わず、、

「舟木ィィィィィ~!!!」

ここで本日の施術が残念ながら終了。

まあ、あの名台詞により金メダルを獲得できたのだから良しとしよう。(獲得できてねーよ)

シャワーを浴びて着替えをしている間、嬢と談笑。

どうやら日本に来て3年ぐらいたしいのだが、花粉症に悩んでいるとのこと。

どうりで施術の間、ずっと鼻をすすっていたわけですな。

拙者も少々、花粉症なので痛みを分かち合いましたw

店を出ると、風が強く吹いており、目と鼻が痛い。。

ああ、暖かくなったのはいいが早く花粉が終ってほしいものです。