三軒茶屋『ルージュ』続・南へ


どうも、ダダモーレでございます。

いやいや、なかなか寒い今日この頃。

エステ行くと手足が冷たいですよねー

心は凍り付いているけどねw

さて、本日は三軒茶屋。

たまに行くのですが、隠れ家的な店舗が多し。

なので行く時も結構、違った意味でワクワクしますw

三軒茶屋『ルージュ』

駅からは徒歩2分程度、マンションの一室にあり電話で丁寧に教えてくれます。

インターホンを鳴らすと、せくしぃな衣装を纏ったスタイルのよい女性がお出迎え。

店内はマンションタイプにちょっとゴチャゴチャしたインテリア。

でも綺麗に整理はされている。

リビング的な位置にソファとテーブルの待合エリア。

週エスを見せて新規80分9.999Kに。

受付を済ませ、施術室に通されると床マットタイプ、カーテンで仕切られた部屋。

薄暗い部屋で着替えを済ませ、シャワー室へ。

本日の嬢は先ほどの女性。

長い髪に白い肌が印象的、そしてかなり気遣いができ、明るいw

広めのトイレ兼、バスルームで簡易戦隊。

そういえば、、

このお店『南国シャンプー』とか書いてあったな。

なんか聞き覚えがあるな。

あ!

以前、武蔵小杉で訪問したお店。

ここと同じシステムなんでしょうか。

ちょっと期待大。

立ちながら、後ろから手にボディーソープを付けて丁寧に洗う。

足の指の間や手の平まで非常に丁寧に洗ってくれる。

向かい合わせでは、OPIやオイナーリ、Jr.のご近所も丁寧に洗浄。

これが南国シャンプーなのかという疑問は置いといて、でも嬢のOPIや顔を見つめなが
ら洗ってもらうのはたまりません。

ダダモーレ熱帯雨林の除染作業が終わり、体を拭いてもらうと施術室へGO。

うつ伏せの状態から指圧開始。

指圧はさほどうまくない。

力は入れているんですが、うまくコリをほぐさない感じ。

でも、頑張って上半身や下半身など全体的に押してくれます。

ん?

地を這うキャットウーマンのような動きで、、

OPIの箇所が確実に接触している感触!!

下から上へゆっくりと移動してくるのが分かる。

南国に生息するアリゲーターのようにソロソロと動く嬢。

やべー、拙者獲物になってもエエw

むしろ食べられたい気分さ!

しばらく、品定め?された後、嬢から仰向けのコール。

仰向けになると嬢が添い寝ポジションをとり、

あれ?

はっ!

大蛇のように絡みついてくる!

おや、これはまさにここのデジャブじゃねww

グリングリンと、硬直したダダモーレの体に絡みついてくる嬢。

自然とコマネーチやB地区などに手が伸びる。

ああ、ある意味立ち往生したJr.。

グイグイと足や体を密着させてくる大蛇こと嬢。

そしてJr.も、みるみるうちに「アナコンダ」へと変貌。

まさにジャングルのサバイバルゲーム。

シャー!シュー!と蛇的な効果音と共に闘いがヒートアップ。

ああ、

首根っこ逝かれた、、

ああ、

あああ、

(´・ω・`)

(´・ω:;.:…

(´:;….::;.:. :::;.. …..

大蛇の毒牙にノックアウトされたJr.と私。。

でも、こんな綺麗な大蛇なら本望さw

シャワーを浴び、戻ってくると少し時間があったので腰を揉んでもらう。

打ち解けた後でのリラックスした指圧はいいですねw

残念ながら時間となり、着替えて玄関まで。

ハグをしてもらい店を後にする。

余韻に浸りながらも危険を承知であの南国へ、、

再訪を誓うのであった。

三軒茶屋『ルージュ』はこちら