西川口『スピネル』で青春の黒い往復切符購入


あけましておめでとうございます。

ダダモーレでございます。

本年も宜しくお願いいたします。

正月モードまっしぐらですが、お休みということでエステ三昧w

早速、訪問レポートでごじゃります。

暫く続いた川口エリア編。

3店目は西川口。

西川口『スピネル』

スピネルってどんな意味でしょうね。

検索してみると、パワーストーンの名前で「生命エネルギーを高め、日々の生活を張りのあるものにしてくれる」とか。

あ、そこから由来してるのかもしれませんね。

お店は駅から徒歩2分程度、雑居ビル内にあります。

インターホンを鳴らすと、男性の受付の方がドアを開けてくれる。

入ってすぐ受付エリアがある。

週エス見せて90分13Kが11Kに。

準備が整うまで待合いエリアで一休み。

店舗型のお店でオリエンタルな雰囲気、茶系のインテリア。

呼ばれて、施術室に通されると部屋に嬢がスタンバっている。

やや暗い室内でも分かるが、美人。

よく見ると、うーむ、個人的にですが、すごくタイプ♪

ちょっとタヌキっぽい顔に、フィットしたヒョウ柄の衣装。
胸元のOPIと、スラリと伸びた生足が、、

日本語が不得意なのかあまり喋らない。

これでトークが得意なら完璧なのだが。。

着替えてシャワー室に通される。

大きめのシャワー室に寝台ベッドが置いてあり、うつ伏せの状態から戦隊。

おお、密かに髪がアップになってるのが、、

たまんねーっすw

どうやらこちらの泡泡はローション入りでツルツルになるのが売りらしい。

まずは背中から上半身、かなり入念に洗ってくれます。

あ、確かになんか泡の質がいつもと違う気がしますね。

売りということで戦隊はかなり丁寧。

腕も指先まで丁寧に。

しっかりと洗ってくれる。

そして下半身に移行しても、

K2を包み込むように、そして内股はもちろん足の先までご自慢の泡で戦隊マッサージ。

ここで、早くも大技が。。。

コーナーポストいや、寝台ベッドに上がった嬢が足を開脚し、隙間に滑り込んでの下半身エリアの戦隊。

へ。。

何これ、新感覚!

ここまで丁寧な戦隊はあまり記憶に無いですね。

丁寧な背面が終わると、仰向けにスイッチ。

おお、待ちかねたこの瞬間。。

嬢を見つめながら戦隊を受ける。

というか、ガン見。

上半身の戦隊で、ボーっと嬢に見とれていると、目が合い、ニコっとする嬢。。

たまんねー!たまんねーっ!!

タイプだ。。

その後も丁寧に上半身の戦隊が続き、下半身に移行するとまた出た!必殺技wwww

開脚させて間に入り、背面と同じ下半身の戦隊を繰り広げる。

そんな狭い所で何ということを。。

新感覚!!!w

荒ぶり始めそうなJr.をなだめて、とりあえず戦隊が終了。

戻ってTバック紙Pを装着し、指圧開始。

うつ伏せの状態から首や肩、腰などを丁寧に押してくれる。

そして馬乗りポジションからの首や肩、腰のプッシュ。

言うまでもなく、腰に全神経を集中。

感触を楽しむためさw

下半身も内股や、ふくらはぎ、足の裏まで丁寧な指圧が続く。

ここでお決まりの秘技の一つ、眼前からの首肩への指圧。

開脚した嬢のスクランブル交差点からは、、

艦長、黒でございます!!

パンTは黒で間違いありません!

純粋無垢な黒。

しかし、、この接近戦。

この美しい嬢の黒いトンネルが目の前に。。

マジか、マジなのか!いやマジだね。

黒いトンネル攻撃が終わると横へ移動し、腕の指圧。

指圧終了後、マッサージはオイルへ。

上半身を一通り、やや強めに手を滑らせると再び嬢はダダモーレ眼前にポジショニングを取る。

ん?

開脚し、背中から腰までゆっくりと手を滑らせる。

おお、なるほど、これはなかなかの技…

くわっ!

嬢の手が段々と激しさを増し、体の動きもダイナミックに。

!!!!!!!!

嬢の黒いトンネルがスカスカになり始めた後頭部を往復。

初めてハゲてきたことを感謝w

ああ、青春の黒い往復切符(パンT)で、幾度となく往復する嬢。

永遠に続いて欲しい。。

ちょっと頭を上げてみたりしてw

放心状態のまま、開脚した足の間から内側のオイルを始める。

ああ、刺激的な一時を後押しするようなマッサージ。

嬢の優しい手つきが内股に伸びる。。

きわどいコマネーチエリアへのリンパマッサージ。

右、左とツボをダイレクトにプッシュ。

ああ、先ほどからの連続コンボで、我慢スープが、、ちょいと、、

別名、Jr.の額に汗。

ここでしかし施術が終了し、蒸しタオルが投入される。

ああ、黒い往復切符の有効期限が切れたのね。。

シャワーを浴び、着替えをしているとお茶を持って待つ嬢。

ちょっと下を向いて寂しそうな顔をしている嬢。。

その姿が、、

たまらん。。

受付の男性がいないのか、そのまま嬢が入り口まで見送ってくれる。

帰り道、、タイプの女性と一時を過ごし、黒いトンネルの後遺症でぼーっとしながら心に誓う。

再訪だなと。。

西川口『スピネル』はこちら