荻窪『Aroma Line(アロマライン)』


どうもどうも、ダダモーレでございます。

いやいやいやいや、今年も厄介なクリスマスシーズンがやって参りましたな。。

まー普通にそのあたりは仕事してますけどねw

でもチキンぐらいはほおばりたいと思う。。

さて、荻窪シリーズ(いつの間にかシリーズにw)の最後。

荻窪『Aroma Line(アロマライン)』

こちらは駅から1分程度。

雑居ビルの4階にお店があります。

インターホンを鳴らすと、無言でドアが開く。

大人し目の男性が中に入れてくれて、目の前の控え室に通してくれる。

すごく大人しい感じですね。。

ボソボソと案内をしてくれて、

週エス見せて90分13Kが10Kに。

しばし待合室で待ちながら店内をチェック。

なんとも古めかしいというか、ゴシック調の雰囲気の壁紙。

店全体の雰囲気が古めかしいイメージですね。

そうこうしてると呼ばれて奥に通される。

カーテンを開け施術室に入ると、黒いキャミソール風衣装を着た嬢がお出迎え。

スレンダーなボディに長い髪がセクシー。。

アロマラインというか、ボディラインが、、

美しい。

早速、着替えてシャワー室に通され、そのまま戦隊。

なかなか広い室内に寝台ベッドが設置されている。

うつ伏せの状態から戦隊開始。

今日もガチでの戦隊。

下半身から泡々で力強くゴシゴシと洗ってもらう。

K2付近は力強い戦隊が逆に気持ちいい。。

上半身も手の先まで丁寧に戦隊。

うつ伏せが終わると仰向けのコールw

本日も生まれたての姿で、表面を隅々まで洗ってもらう。

ああ、嬢の長い髪の毛先がダダモーレ表面の汚部をつたう。。

そしてこのスクランブルコマネーチ交差点を行き交う手。。

Jr.が目立つように手を挙げ始めます。

いやいや、早まるな、まだ大人しくしていていいんだよ、Jrよw

戦隊が終わり、部屋に戻りうつ伏せの状態から指圧。

床マットタイプで下にホットカーペットが敷いてあるので暖ったか。

そしてちょい匂いが気になるが石油ストーブも暖かい。

細身なのに指圧はパワフル。

重点的に肩や腰をお願いする。

体全体を使った指圧はなかなか。

オイル、シマスネ、と嬢。

うつ伏せの状態から上半身のオイル開始。

多めに塗って油谷状態の拙者。

上下に滑らかに手を滑らせ、オイルまみれになっていくダダモーレ。

こちらもオイルにしてはなかなかの力強さ。

上半身が終わると、下半身へのオイルマッサ。

下半身をAの字に開脚し、K2をゆっくりと撫で回す、、

そして内股のオイナーリ先生ご近所を嬢の手が表敬訪問。

ああ、シビれますな。

ふくらはぎやももの裏も手が伸び、全身オイリーダダモーレ。

オイルマッサが終了すると蒸しタオルのリラックスタイム到来。

こちらのお店でも複数のタオルにてじっくりとスチームしてくれる。

背中のプッシュが気持ちエエわ~

うつ伏せが終了すると、ウェルカム仰向けポジション。

A開脚した足の間からフェザータッチで膝や太ももに触れる。

ああ、やはりフェザータッチは破られない必殺技なんですね。。

気持ちいい。。

だんたんと嬢の手が上へ移動し、わき腹をウロウロ。

ああ、くすぐったいがそれに比例?してJr.がむくりと起き上がる。

パパ呼んだ?いや、呼んでねーけど、そのままでいいよw

遂に嬢の手がコマネーチエリアへと伸びる。

Jr.よ、まだ冬休み前だし浮かれるのは早いぞ。

忠告を無視し、ハッスルし始めるJr.。。

ああ、

あああ、

ああ、

(´・ω・`)

(´・ω:;.:…

(´:;….::;.:. :::;.. …..

ここで施術が終了。

冬休みを前にフライングしても、どこ吹く風w

シャワーを浴び、着替えを済ませるとお茶を一杯。

嬢と受付の男性に見送られ、店を後にする。

電車を待ちながら、本日の施術を振り返る。

アロマラインのボディライン、、

また、再訪を期待させるラインなのであった。