小川町『咲く夜』ダダモーレアプリ咲き乱れ

 

どうも、私ダダモーレでございます。

本日もせっせとエステ日記を更新。

そうえいば、このブログも半年ぐらいになりますでしょうか。

知らないですけどw

しかしながら読者の方々には大変感謝致しておりますww

さて、本日は小川町です。

ちょっとマイナーな街の名前ですが、神田のすぐ近くですね。

このあたりはブラブラ散歩すると楽しいです。

やぱりですね~、小市民の自分としてはこのぐらいの規模の街のほうが落ち着きます。

小川町「咲く夜」

加齢臭ダダモーレのメンズエステ体験日記

なんか意味深な店名ですね。

人生が枯れてしまっている自分しては、せめて夜ぐらい色々と咲かせてみたいものです。

駅の最寄りの出口を出ると目の前にお店のビルがあります。

7Fまで上がりドアを開けると受付の年輩女性がやってくる。

入って左側にある待合いエリアに通される。

店内は白を基調としたインテリアで落ち着いた雰囲気。

清潔感もありますね。

週エス見せて90分11Kが100分11Kに。

受付の女性に案内され、施術室へ。

床マットタイプでこちらもシンプルながら清潔感がある。

着替えをしていると本日の嬢が登場。

赤い下着風の衣装で小柄ながらスタイルが良い。

エスコートされながら、シャワー室へ。

本日は久しぶりの戦隊コース。

ラーメンのダシになるんではないこと思うほど薄汚れたダダモーレボディを、綺麗に洗ってくれます。

うつ伏せの状態から優しく戦隊。

ああ、なんて心地よいのだろう。。

柔らかな泡と嬢の手が体全体を包み込んでいきます。

おっと、K2の近辺ではセオリー通りのフェザータッチ。

仰向けになると、オイナーリの近辺を指先がかすめていきます。

うーむ、ナイスじらし。。

なかなかのじらし技術により、Jr.が本日も立候補を宣言。

おお、やっぱりお前はデキル子やね、父さんうれしいよ。

久しぶりの戦隊が終了し、戻ってうつぶせの指圧。

弱めだが丁寧に押していく指圧。

腰の指圧にうつると、ダダモーレの上に乗り膝で押していく。

前のめりになった嬢の長い髪がこちらに垂れ下がると良い香りが。。

おお、石鹸シャンプーの拙者とはやはり全然違う。

女性を実感する瞬間ですね。

オイルへと移行し、こちらもやんわりとオイルを体全体へと滑らせていく。

お決まりのグーでの上半身中心を滑らせるマッサージはなんとも刺激的。

下半身は一転し、指先でのK2や内股への通称、タッチパネルマッサ。

ダダモーレの色々なアプリが起動してしまいそうです。

仰向けになると、世界三大センシティブ地区(何じゃそりゃ)であるB地区、コマネチ、わき腹を回遊し始める。

またもや、ダダモーレの様々なアプリが起動。

嬢のタッチ動作が激しくなるにつれて、ダダモーレのアプリがビジー状態に。。

あああ。。。

ああ、、

(´・ω・`)

(´・ω:;.:…

(´:;….::;.:. :::;.. …..

ここで本日の施術は終了。

ダダモーレのアプリは強制終了いたしました。

シャワーを浴び、戻って着替える。

お茶をもった嬢が戻ってくるとしばし談笑。

日本に来てまだ1年半ぐらいとのことで、現在、日本語を勉強中だとか。

本日の嬢も日本語がうまい、一生懸命勉強しているんでしょね、頭が下がります。

最近ではキムタクのドラマを見ながら日本語を勉強しているのだそうです。

今度はあぶない刑事を見て勉強するようにアドバイスしてみよう。

店を後にして本日の施術を振りかえる。。

次回に向けてアプリを再起動しなければと思うのであった。

 

 

神田 メンズエステはこちら。