錦糸町「スチュワーデス」ネバーエンディングマッサ


どうもダダモーレでございます。

早いもので世間はGWに向けたウキウキ気分ですね。

拙者も日常生活の疲れを癒すべく、エステ訪問の予定ですw

本日は錦糸町。久しぶりの訪問です。

上野や秋葉原はちょくちょく訪れるのですが、錦糸町は久しぶりです。

駅前は結構発展していますね。

駅ビルでけーし。

錦糸町「スチュワーデス」

駅からは徒歩3分程度、飲食店の入る雑居ビルの7階にお店があります。

加齢臭ダダモーレのメンズエステ体験日記

看板。おや、男の三大憧れ制服の一つスチュワーデスですね。

自然とテンションが上がる。

インターホンを鳴らすと、受付の女性がお出迎え。

綺麗なママという感じですが、あれ。。

全然、スチュワーデスではないですね。。

まあ、嬢の方はコスチュームを着ているのだろうと期待しつつ、待合室へ。

店内はごく普通のインテリア。待合室は広めでソファとテーブルがある。

あれ、なんか飛行機内だったり空港っぽさも特にあるわけではないですね。。

もしや名前だけかしら。

週エス見せて60分8Kが7Kに。

施術室に通されると、仕切りのある部屋に穴なしベッドが一つ。

インテリアは普通。着替えをしていると本日の女性が登場。

あれ。。

普通の下着風衣装じゃん。。

まあ、嬢は優しく笑顔で迎えてくれたので、いいか。

シャワーに通されて、戻るとうつ伏せから施術開始。

指圧を受けているとなんとも懐かしい曲が聞こえてくる。

映画「ネバーエンディングストーリー」の主題歌ですね。

幼い頃、ネバーエンディングの割には2時間足らずで映画が終了してしまうということに疑問
が沸いたものですが、よく考えたらずっと終わらなくても嫌ですね。

ああ。。この曲を聴いてマッサージを受けていると何だか、あのファルコンの上に乗っ
て空を飛んでいるような気分に。

ところで指圧の方はと言うと、さほどうまくはありませんが、強めの指圧なので結構効
く。

上半身を細かく、指圧してもらうと、下半身へと移行。

太ももやふくらはぎは引き続き強めで指圧していくが、セオリー通りK2や内股ではフェ
ザータッチにシフトする。

ああ、ファルコンの背中のような心地よさ。

なんて柔らかいのだろうか。。

気分はまるでアトレイユ。

指圧が一通り終わるとオイルマッサへ。

上半身の首、肩から背中中央に掛けて親指のはらを滑らせていく。

オイルは滑らかでさほど強くないのが好みの自分としてはちょうどいい。

やはり顔の前からの首周りのマッサージはファーストクラスのような特等席。

嬢の太ももが拝めます。

下半身に移行すると、わき腹や内股、K2をフェザータッチで撫でていく。

ふむふむ、やはり今日もクライマックスに向けてテンションを上げていくのだね。。

仰向けになると、ダダモーレの薄汚れたB地区や大いなるオイナーリ(何それ?)周りをアテンションプリーズしていく。

ああ、そんなことしたらファルコンに乗ったアトレイユならぬ、ダダモーレがデパチャーしちゃいます。。

ああ、行き先はいつもの通り、ワンダーランドなんだね、jr.よ!

Jr.がボーイング機の上にある意味ジャンボになり、物語はクライマックスへと向かう。

ああ、今日も若干訳分からん内容に。。

(´・ω・`)

(´・ω:;.:…

(´:;….::;.:. :::;.. …..

ここでタイムアップ、本日の施術は終了。

シャワーを浴び、戻ってお茶を頂く。

しばし時間があるので、嬢と談笑。

他愛ない話だが、癒されます。

帰り際、受付の経営者的女性にBGMが懐かしくていいですね~と伝えると、

ヨク言ワレルンデスヨ~、アナタ40代?と。。

いやもうちょっと若いんですけどねw

他にも映画フットルースの挿入歌や、タバコのCMだったかな、ボビー・コールドウェルの歌も流れていましたよ。

ああ、

。。。

昭和っていい時代でしたね。。

おまけ。

加齢臭ダダモーレのメンズエステ体験日記

エステのビルからスカイツリーが。

加齢臭ダダモーレのメンズエステ体験日記

こちら戦利品の週エス、キャンディーw

うまいよ♪

錦糸町 メンズエステ